近代的なマンション

以降も安心して暮らしていくためのマンション大規模修繕工事

マンション修繕工事によるメリット

組み上げられた鉄筋

長年お住まいになっているマンションの資産価値を高めるチャンスがあります。それはマンション大規模修繕工事です。マンション大規模修繕工事を行うことでまず建物の安全性が増します。目に見える老朽化や破損によって考えられる事故は想定しやすいです。しかし自然災害や人災によって想定できない事故が引き起こされた場合も、老朽化したマンションのほうが防ぎにくいと言えるでしょう。
次に、マンション大規模修繕工事は居住性や利便性が高まりに繋げることもできます。時代とともに変わるのは建物だけありません。人も時代背景も変わります。破損したり老朽化したところを修繕するだけではなく、以前は必要なかった介護用設備を施工したり、セキュリティー強化の設備を増設したりすることによって、より住みやすくすることも可能です。
また、固定資産税の評価についても押さえておく必要があります。床面積や建ぺい率が変わらなければ、基本的にマンション工事によって評価額が上がることはなく、建物の年数によって評価額が決まります。「住めば都」という言葉のとおり住み慣れたマンションが一番と思う方は多いと思います。しかし、マンション工事をすることによってより良い居住環境が得られるかもしれません。

マンションの大規模修繕工事の内容

マンション大規模修繕工事を行う時は、外壁の補修や塗装、防水などいくつもの工事が行われ、期間も長くなります。そのため、マンション大規模修繕工事を行う前にはマンション居住者に対して説明会が行われます。どのような工事を行うのか、範囲や内容だけでなく安全に行うための注意点などもあります。居住者の不安を取り除き理解をえるために、質疑応答も行われます。その後、工事を行うために、マンションに足場を設置し、建物の外周にも鋼製足場を設置していきます。足場だけでなく、外周をシートで覆って塗料などの飛散を防ぎます。
工事の内容は、下地タイル補修工事やシーリング工事、洗浄工事、塗装工事、防水工事、廊下床面工事などがあります。タイル浮き補修は、経年劣化によって外壁タイルとコンクリート面の間の接着が弱まり浮きが出てくることがあり、この部分を補修します。バルコニーでは手すり根元爆裂補修工事が行われます。腐食膨張で手すりの根元が欠落することがあります。樹脂モルタルで埋め戻しをすることで、バルコニーを安全に使用することができるようになります。塗装の後には、雨水が入ってこないように防水作業も行われます。
マンション大規模修繕工事は、外観を良くするだけではなく、安全に長く暮らしていくための工事でもあります。

マンションの修繕工事を行う時の流れ

マンション大規模修繕工事を行う時には、一連の流れがあります。まず建物の状態チェックが行われます。建物の調査や診断を行い、参考見積書を作成します。マンション大規模修繕工事にどれくらいの予算が必要になるのか算出されます。依頼先は、複数の施工業者や現在契約中の管理会社、コンサルタントなどがあります。
予算がわかったら資金の確保を行います。マンション大規模修繕工事にはたくさんの予算を必要とするため、資金の調達方法を考えます。参考見積書をもとに、マンションの管理組合は用意できる資金で工事が行えるのか、資金不足の場合は施工範囲を縮小するなど検討が必要になります。施工業者を決める時は、公正な判断をするために複数の施工業者から見積りが取られます。コンサルタントがいる場合は、事前にアドバイスをもらって施工業者検討の参考にすることができます。施工業者の内定後に居住者説明会を行い、施工業者を決定します。
着工後は、定例会の開催や現場検査などを行うことで、安心安全を保つことができます。工事中のセキュリティにも細心の注意を払うことが大切です。修繕後に保証書が発行されるので、内容を確認します。修繕後のアフターサービスは、価値あるマンションとして長く住める家を守ってくれます。


物件の価値を保つためにもマンションの大規模修繕工事は大切です!修繕工事なら「株式会社栄光」に依頼してみてはどうでしょうか?コストをできるだけ抑えたい人にもお勧めですよ。

Contents

What's New

Site map

Copyright © 2019 以降も安心して暮らしていくためのマンション大規模修繕工事 All Rights Reserved.