近代的なマンション

以降も安心して暮らしていくためのマンション大規模修繕工事

マンションの大規模修繕工事のタイミング

都会の遠景

マンションの大規模修繕工事は、費用が高額になることもありベストなタイミングに行いたいものです。大規模修繕工事の時期は、築何年に行うという決まりはないものの、12年周期が目安としているマンションがたくさんあります。タイル張りの建物は10年が経過すると、建築基準法で3年以内に全面打診調査を行うという決まりがあり、全面打診調査を行うためは足場が必要になります。大規模修繕工事を行う時にも足場が必要になるため、同時に行うことでコストを抑えることができます。
大規模修繕工事はタイミングが早すぎる場合、無駄にはならないものの工事費用がその分多くかかってしまいます。反対に遅すぎる場合、劣化が進んで建物へのダメージが深刻になります。補修にかかる工事に時間や手間がかかり、工事費用が高くついてしまう可能性が出てきます。安全上にもよくありません。
マンションの大規模修繕工事について、マンションごとに長期修繕計画が作られています。次の修繕工事の時期を計画したり、修繕費用を準備するために積立てをしたりします。築年数が経過しているマンションになるほど、修繕が必要になる箇所は増えていきます。この場合、12年周期はベストなタイミングとは言えなくなります。適切な周期で業者に建物診断を依頼して、建物の状態に合わせて長期修繕計画を見直していくことが大切です。

Contents

What's New

Site map

Copyright © 2019 以降も安心して暮らしていくためのマンション大規模修繕工事 All Rights Reserved.