近代的なマンション

以降も安心して暮らしていくためのマンション大規模修繕工事

マンション工事で資産価値をアップさせる

作業員

鉄筋のマンションは頑丈そうに感じます。しかし、遠くからはきれいに見える建物でも、年数とともに劣化が進んでいきます。外壁タイルが剥がれ落ちそうになっていたり、コンクリートでは内部から錆びた鉄筋が突き破って出てたり、防水シートが破れて漏水することもあります。生活に支障が出る前に、建物全体の大規模修繕工事を計画することが重要になってきます。
大規模修繕工事では、安全にマンションで暮らせるための環境を作ります。居住性の維持や、マンションの資産価値を下げないためにも改修工事が必要になります。修繕積立金で費用を確保しながら、長期的に計画されていきます。防水工事や外壁塗装など、建物の場所によって劣化状態は異なるものの、足場を組み立てて建物全体の大規模修繕工事を行うことが理想的です。工事を実施する目安は10~15年に一度です。
大規模修繕工事を行う前には、居住者に説明会を行い要望を集めます。バリアフリー化にしたり、駐車場や駐輪場、ゴミ置き場も改善することができます。新素材を取り入れたり、カラーを変えることでイメージアップすることも可能です。居住者のための住生活空間や居住性の向上を行うことで、マンションの資産価値がアップします。

Contents

What's New

Site map

Copyright © 2019 以降も安心して暮らしていくためのマンション大規模修繕工事 All Rights Reserved.